4月初旬



広島にいた私の元に
栃木拠点の者から



「カツの遊び場に
タライを埋めて水を入れてみたら



その中に入って
水遊びを始めました」



・・・とラインが入りました。






1618968906637




その時の写真です。



確かに
すっぽりと入ってます(笑)



こんな小さなタライでも
入りたがるぐらいだから



やっぱクマは
水遊びが好きなんじゃね♪



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




栃木拠点に到着した日に
カツの遊び場を見たら





DSC_4873




(笑)確かに



こんな小さなタライでも
入ったんじゃね♪



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



4月19日(月)



善は急げ!




DSC_4900




《職人T》が作り始めました。



ここはカツが昼間
遊ぶ場所



当然
《カツ第一》なので



作業時間は朝早くか夕方のみ






DSC_4915




時間がない・・・とか
材料がない・・・とか



そんなことは



犬猫みなしご救援隊の
代表者には



【通用しません】





DSC_4919




そんなことは
《職人T》は慣れっこ(笑)



もくもくと作業を進め



4月19日の夕方と
4月20日の朝10時までの間に



すべて完了させました。






DSC_4921




この排水マスは
泥をためるためのマスで



ここから水のみが
もうひとつのマスに流れ



もうひとつもマスで
さらに泥を分けてから



地下に浸透させるという
システムです。





DSC_4920





排水システムを
ちゃんと考えたので



これで毎日
水を取り替えても



どこも
ぬかるみにならないし



地球にも迷惑をかけない



《カツ専用プール》が
できました♪






DSC_4917





カツの遊び場の上は



これから夏に向けて
ドングリの木が生い茂り



心地よい木陰を作ってくれ



秋になると
実ったドングリが



まんま遊び場に落ちてくる



・・・という
素晴らしい環境です。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




4月20日(火)




DSC_5082





室内で



フルーツと紅はるかセットの
朝ごはんを食べ終えたカツくん





DSC_4923





室内から出てきました。





DSC_4981




ちょうど今
栃木拠点では



CGのように
山桜の花びらが舞い散るとき



カツのプールも
さくらプールになっていました。




DSC_4987




カツくん



プールに入る前に
まずは排水マスの点検から






DSC_4990




排水マスの蓋を開け
点検後してから



安心て入水





DSC_4935




・・・と
入ってみたものの



もうひとつの
排水マスの点検がまだだと気づき




DSC_4988



カツくん
排水マスへGO!




DSC_4999




そんなことを何度か繰り返し



いつしか
さくらプールの水は・・・



真っ黒けっけ(笑)




DSC_4984




ついに排水溝のフタは
オープン(笑)



クマって
ほんとによく遊びます。



いろんなものを
遊び道具に変える天才です♪





DSC_4997





排水マスの蓋も
全開させたことじゃし



今回ばかりは
長いこと浸かってみるぜ♪



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




始めて飼育する
ツキノワグマですが



カツにも私たちにも
平和な毎日が続いています。





1619079934020





遊び場で
トマトジュースを飲むときも



《カツは私の子どもだよ》
・・・を定義づけるために



必ず《吸い飲み》を使います。



カツが飲みきるまで私は
ずっと《いい言葉》を聞かせます。



『カツはかわいいね♪』
『カツはお利口だね♪』
『カツが一番好きだよ♪』
『ずっと一緒にいようね♪』



この一連の時間は
《中谷流子育て》には



絶対に必要な時間なのです♪





1619079938245






その後



私がにぎった
《おむすび》を与えます。



ここにも
《母の愛情》がこもっています。



カツは
《おむすび》が大好きです。






DSC_4994




祭りのあと




DSC_4993




カツが歩いたあと



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



さて・・・



ツキノワグマの
カツの1日ですが



こんな感じです。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




カツは
朝はなかなか起きません。



それは
私がそばにいても同じです。



同室のニホンザルのひろしや
イノシシのカンジ
リスのソンスゥが起きて



動きまくって
ごはんを食べていても



どうしたことは
いっこうに起きません(笑)



クマは
《食にどん欲》なんですけどね・・・



朝9時すぎると
あまりにまわりがうるさいので



カツは
仕方なく起きます(笑)



そしていつも通りの



フルーツ盛りだくさんの
朝ごはんを食べ



室内檻のまま遊び場に出て



お昼になると遊び場で
おむすびを1つ食べます。



その後は



食にどん欲なクマを
空腹状態にさせないために



少し水で薄めた



トマトジュースやリンゴジュース
ヤクルトやカルピスなどを



吸い飲みで
飲ませるようにしています。



カツはご機嫌で
夕方6時ごろまで遊びます。



部屋に戻ってきたら
すぐに夜ごはんです。



遊び場から戻ると
昭和のオヤジみたいに



「メシ!」



すぐに用意しないと
かなり不機嫌になります(笑)



私がいないときは
夜ごはんを食べたら



「お母さんがいないから
もうボクは寝るよ」



そのまま
朝までおとなしく寝ます。



私がいる時は
夜9時過ぎに元気になり



《母と子の》
ミルクタイムになります。



哺乳類は



《生きるためだけ》に
ミルクが必要なのではなく



《安心するために》も
ミルクはいるのです♪





1619010311116




200ccの牛乳を
1分チンでほんのり温かくして



吸い飲みで飲ませます。



ミルクのあとはポン菓子タイム



哺乳類にとって
甘い物はご褒美なので



ポン菓子を
ふたにぎりぐらい食べさせます。





DSC_5002




ポン菓子を食べた後は
決まって



ポン菓子が入っていた
お皿で遊びます。





DSC_5003





クマは
本当によく遊びますが



これが



カツの1日の
最後の遊びとなります。






DSC_5005





お皿を咬んでいますが



お皿を割るほどは
咬まないので



ちゃんと《遊び》を
わきまえていると思います。



好き勝手やってるようで



カツはカツなりに
考えているんですよね♪




ちなみに



犬やニホンザルは
ボコボコに壊します(笑)





DSC_5006




カツにきょうだいがいて



一緒に捕まって
一緒にうちに来てくれたら



えかったのに・・・



そしたら毎日
2匹で楽しく遊べたのに



・・・と思います。





DSC_5061





遊び相手なら
誰でもいいわけじゃなく



きょうだい以外のクマは
無理です!



私はいろんな動物を
複数匹



グループでまとめて
飼養していますが



さすがに



ツキノワグマの
多頭飼養は無理ですね・・・



カツが別のクマと
ケンカになったって



私は止めに入れん!



・・・ってのが
大きな理由です。






DSC_5062





見てください!
クマですよ!クマ!(笑)



これでまだ子どもですからね(笑)



こんなクマ2頭がケンカしてて
仲裁に入れますか?



私には
そんな勇気はありません・・・



・・・だからカツは
生涯ONLY‐ONEなのです♪



それでええように
それでも寂しくないように



私たちが精一杯
お世話をするのです♪♪



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



4月24日(土)



朝・・・カツは
なかなか起きません(笑)




私が起きて
ゴソゴソし始めても



9時すぎまでは起きません(笑)





DSC_5065




隅っこで寝ています。




DSC_5066





反対側の隅っこに



夜のうちに
ウン〇とオシッコをしています。



オシッコは基本
檻の外にするのでペットシーツで対応




対応になってないけど(笑)






DSC_5064




カツ・・・ホンマに起きん(笑)



『外はええ天気よ!』



今日は
カツのハンモックを作るよ♪




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




母クマとはぐれ



那須烏山市の
林間住宅地の道路の真ん中で



栗を食べていた
ツキノワグマの子どもは



今こうして



犬猫みなしご救援隊
栃木拠点で



日々満喫しながら
平和に生きています♪♪




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





楽天でのお買い物の際は
ぜひコチラから



http://gooddo.jp/gd/group/inunekominashigo/?from=fbn0