NPO犬猫みなしご救援隊・代表ブログ・みなしご庵へようこそ

犬猫みなしご救援隊の日々の活動を通じて 一緒に動物愛護を考えてみませんか・・・

三宅島TNR一斉

三宅島TNR一斉を終え



私は今
新幹線で広島へ帰宅中っす♪



三宅島は



太平洋に浮かぶ
人口約2000人の島で



《火山島》としても有名です。



直近の噴火は
2000年(平成12年)



このときの噴火では
島内全域に火山ガスが発生したため



全島民に対して
島外への避難指示が出て



避難指示が解除され
島に戻れたのは5年後とのこと。



そんな三宅島の
噴火の歴史を見ると



そろそろ
噴火するころなんだそうで



三宅島のボランティア
にゃんこの会のメンバーたちは



噴火の可能性が高い分



《確実に》
TNRが進む方法として



私を頼ってきたのが
三宅島TNR一斉の始まりです。



最初はトントン拍子に
手術が進んでいきましたが



3回目の
TNR一斉ぐらいから



「手術はしたいが
手術代は出せない」



・・・とゆ〜
ケチな餌やりが増え始め



6回目の
TNR一斉ぐらいからは



「タダでも手術はしない」



・・・とゆ〜
ドケチ以下の餌やりが増え始め



それも踏ん張り



ようやく
今回ぐらいから



いわゆる
《猫多頭飼養崩壊現場》に



着手するレベルにまで
進みました。



そ〜なると



民間だけでは
崩せない現場も出てきて



三宅村役場と
東京都の保健所に



頑張ってもらうしかないんじゃが・・・



三宅島は東京都なのに



動物愛護行政は
驚くほど遅れており



無責任な餌やりや
多頭飼養崩壊者が



なんの行政指導も受けず



のうのうと
猫を増やしている現状



今回なんかも
必然的に状態が悪い猫ばかりで



その子たちを見たら
腹が立って腹が立って・・・



『役場はなにしとん?』



「なにもしてくれません!」



『なんだと???』



今回は
さすがに業を煮やし



三宅村役場に乗り込みました。



とにかく私は
働かん行政職員が大嫌いなんでね!



次回の
三宅島TNR一斉までに



三宅村役場の職員が



無責任な餌やりと
多頭飼養崩壊者に対して



なんらかのアクションを
起こしてくれることを



私は期待している次第です。



。。。。。。。。。。。。。。。




TNR一斉の直前に
3匹の妊婦が出産しており



会場には
7匹の赤ちゃん子猫が居ました。
※死産2匹



室内閉じ込め多頭飼養崩壊の
赤ちゃんには



近親交配の特徴が
いろいろ出ていて




20240403_063918~2_copy_800x600



毛色が薄く
クラッシックタビーも



近親交配の代表です。



この子たちの飼い主は



生まれた赤ちゃんを
海に投げ捨てるヤツだから



このきょうだいたちは
返しません!



20240403_072542_copy_800x600



出産直後の
お母さん猫の子宮です。



こんなに大きくなり
太い血管を何本も新生させ



お腹の中で育て上げた
赤ちゃん子猫を



海に投げ捨てるなんぞ



『それでもお前は人間か?』





20240403_072553_copy_800x600




見てください!
この太い血管を・・・



これを見たら誰でも



妊娠・出産は
ラクじゃないとわかるハズ!



。。。。。。。。。。。。。。。



ケガをしていたオス猫




20240403_064506_copy_800x600




発情期のケンカ傷です。



経験豊富な私的には
これぐらいは朝飯前で治しますが





20240403_064542~2_copy_800x600




今日までの痛みを
ど〜してくれるんや?



・・・と思うわけですよ!





20240403_092252_copy_800x600




この子は
なんらかの理由で骨折しており



その骨折した手を
着きながら歩くために



皮膚が擦れてコレ・・・





20240403_092314_copy_800x600



傷口から血液や体液が出て
周りの毛も抜けてます。




20240403_092447_copy_800x600




キレイにして
魔法の薬を塗りました。




20240403_092548_copy_800x600




これで
擦れた皮膚は治りますが



どんな歩き方をするかによっては



今後
断脚も考えねばなりません。




20240403_073804_copy_800x600




この子は肉球に
好酸球肉芽腫・・・



20240403_073811_copy_800x600




手も足も4本とも
好酸球肉芽腫



20240403_074044_copy_800x600




汚れを取り除くと
肉球は爆発したカス・・・



20240403_074227_copy_800x600



痛そうでしょ・・・



・・・でも
好酸球肉芽腫は治るんです。



毎日きちんと
薬を飲ませるだけで



簡単に治るんです。



。。。。。。。。。。。。。。。




状態が悪い子



20240403_082659_copy_800x600




パット見
小ぎれいな子ですが



顔を正面から見ると




20240403_082706_copy_800x600



両方の鼻の穴は
塞がってます。



今回は



こんな子が
何匹も居ました・・・





20240403_081424~2_copy_800x600



この子は
目も鼻もふさがれていますが



なんと!



原因は風邪ではなく
体調不良による脱水・・・



腹腔内も
カッサカサで・・・



死ぬ寸前でした。




20240403_055722_copy_800x600



この子も
体調不良により



長い期間クチが閉じず
出たままの舌は壊死




20240403_055732_copy_800x600



自分ちの猫が
こんな状態なのに



知らんぷりできる精神が
私にはわからん!



。。。。。。。。。。。。。。。




またもや
臍ヘルニア(デベソ)




20240403_062345_copy_800x600



この家の子は
TNR会場には今までも来ており



半数が臍ヘルニアでしたが



今回来た子たちは
全員臍ヘルニアでした。



臍ヘルニアって遺伝するの??
それとも環境???





20240403_063236_copy_800x600



開いてる穴は
そこまで大きくなかったけど



しっかりと
腸が出ていました・・・




20240403_063239_copy_800x600



写真では
わかりにくいですが



臍ヘルニアが大き過ぎるからか



オス同士のケンカの際に
引っかかれた痕がありました。




20240403_063243_copy_800x600




そのとき
破れなくて良かったと思います。



20240403_065127_copy_800x600




整復後に
皮(皮膚)が余りまくりました。



皮膚や脂肪を切り捨てることは
良いことではないけれど



こんなに皮が残ったのでは
生活の質が上がらないだろうから



私の責任において
切り捨ててもらいました。




20240403_071903_copy_800x600




止血しながら
丁寧に切り捨てました。




20240403_071747_copy_800x600




こんなに大きなきずになりました。



子猫のときに
整復しておれば



こんなことには
ならんかったのに!!




。。。。。。。。。。。。。。。



卵巣は
普通にありましたが



片方の子宮が
見つからない子がいて



癒着してると思って探したら
なんと!



子宮が破れて
脂肪層に癒着しており



癒着部位には
小さな骨があることが判明!



子宮が
なんらかの理由で破れたとき



妊娠していたのでしょう・・・



ちょっと
痛々しい写真が続きます。



見たくない人は
スルッと飛ばしてください。




20240403_074929_copy_800x600




破れた子宮が
癒着していた脂肪層ですが



よく見るとその脂肪が



子宮から飛び出た胎児を
吸収していました。




20240403_074936_copy_800x600




硬くぶつぶつしたものは
胎児の骨です。




20240403_080821_copy_800x600




丁寧に止血しながら



胎児を飲み込んだ脂肪を
取り出しました。



脂肪を触ると
たくさんの骨があることがわかり



ちゃんと供養するためにも



骨を拾い出して
頭数確認をしました。




20240403_081058_copy_800x600



私の指の下にある丸い骨が
頭蓋骨



大腿骨や肩甲骨も探し出し



子宮から飛び出し
脂肪が吸収した胎児は



2匹だったことがわかりました。




20240402_223520_copy_800x600




私たち医療チームが
三宅島に行くときは



竹芝桟橋から
夜10:30発フェリーで行きます。



20240403_050912_copy_800x600




三宅島に朝5時に到着し
ノンストップで手術をして



時間短縮するために



帰りは
調布空港行きのセスナに乗ります。



今回は



今までになく
状態が悪い子ばかりで



さすがの私も疲れ果てました。



。。。。。。。。。。。。。。。



生まれたばかりの
赤ちゃん子猫7匹を



連れて帰ることは
最初から決まっており



プラス



私は



子宮が破裂して
脂肪層に胎児の骨があった子を



広島本部へ連れて帰り



腹腔内もカラッカラに
脱水していた子を



《親友K》が
栃木拠点に連れて帰り



腕をケガしていた子と
舌が黒く壊死していた子と



投薬すれば絶対に治る
好酸球肉芽腫の子と



臍ヘルニアで
大きく皮膚を切り取った子は



4月6日に
三宅島にゃんこの会のメンバーが



竹芝桟橋まで搬送し
そこからは



うみさんタクシーが
栃木拠点へ連れて帰る算段をつけました。



次回も



今回に負けず劣らず
状態の悪い子がそろうと思います。



こ〜ゆ〜子たちでも
差別も区別もなく



TNRをするのも
私の役目だと思っています。



さすがに荷は重く
疲れますけどね・・・





1712126402449_copy_800x600




三宅島にゃんこの会の
メンバーたちが



自らよく働き
底抜けに明るいのが



せめてもの救いですわ(笑)



お蔭で



20時には
広島本部に到着する感じです♪

負傷猫

一昨日の日曜日
3月31日13時過ぎのこと



犬猫みなしご救援隊が
負傷も含め



殺処分対象となった猫全頭を
引き出してる



呉市動物愛護センターの所長から
電話がありました。



「竹がお腹に刺さった猫を
これから連れて行きます。



竹は
できるだけ短く切りましたが



今日は休日の為
ぼく1人なので処置できず



そのままの状態になりますが



どうか
よろしくお願いいたします」



。。。。。。。。。。。。。



お腹に
竹が刺さった???



私は想像しました。



お腹に刺さるとゆ~ことは
落下事故かな・・・



猫は高い場所から
飛び降りるときは



ムササビみたいに
手足を伸ばした体勢をとります。



猫が



高いところから飛び降りた
ジャストなところに



人間が切ったのか・・・
自然に朽ちたのか・・・



・・・の



先がとがった竹があったとしたら
猫の体重もあるし



すんなり
お腹に突き刺さるじゃろう・・・



これは
大いにあり得ます。



最悪なケースは



誰かが
竹製の飛びモノを作って



猫の背後から撃ち



飛びモノの反動で
お腹に突き刺さった・・・



そんなモノを作ろうとする
原始的な発想と



そんなモノが作れる
技術を持った人間は



そうそう
おらんじゃろう・・・



やっぱり・・・
落下事故か・・・



。。。。。。。。。。。。。




ちょうどそのとき



うちの
《両手骨折》のセオクミが



朝一番の新幹線で
栃木拠点から広島本部へ



《緊急・負傷猫》を
連れて来ていたときで



広島本部内の診療所では



緊急オペの
準備段階に入っていました。



もちろん
栃木拠点から来た子も



緊急だと判断したから



わざわざセオクミが
栃木から連れて来たわけですが



「竹が刺さった猫」
・・・の方が緊急性がある



私が判断し



竹が刺さっている猫のオペを
優先することにして



呉市のセンターから
猫が来るのを待ちました。





20240331_134638




セオクミが到着したときは
お昼前ということで



まだ
掃除も終わっておらず



あわただしい時間帯でしたが



そこらの動きは
同じうちの者同士なので



《広島本部の空気》を感じることは
できたと思います。



どっちが良い悪いではなく



同じ
犬猫みなしご救援隊でも



広島本部のと栃木拠点とでは



まったく
空気感が違いますからね



・・・なので
犬猫みなしご救援隊では



《新鮮な風を入れるために》



私の予定と
小谷の予定が合えば



広島本部の者と
栃木拠点の者とを出張させる



《交換留学生制度》



・・・を
取り入れております。



。。。。。。。。。。。。。



竹刺さり猫到着




20240331_134919





慎重に・・・慎重に・・・



竹が刺さった部分を
何枚か連写で写真を撮る・・・



私の
老いぼれた老眼で見るより



その方が一瞬で済むから
猫の負担は少なく済みます。






20240331_134930





『OK!撮れた!』



刺さっているのは
竹というか笹ぐらいの細いもの



『これぐらいの細さなら
逆に



落下時に刺さる可能性が高い』



写真を撮ったあとで
よく確認すると



お腹側には
大きな穴が開いています。



・・・が



大きな穴は



膀胱や腸などの内臓がない
鼠径部あたりになるから



内臓は損傷してない
・・・と思う



問題は出口側じゃ・・・



この2秒ほどの連写じゃ
出た側が見えん・・・



・・・が
かなり出血していたとみえ



毛が
広範囲に汚れています。




20240331_134927





麻酔に耐えられるか否かを
考えたところで



被毛の汚れ具合から
体液・血液の出具合を想像しても



このままでだと
状態は悪くなる一方・・・



突き刺さった竹を抜くためにも
麻酔は必須



私の責任において
オペを決行しました。






20240331_160933


20240331_160937




お腹から入った竹の
出口がわかりました。




20240331_161221




陰部のすぐ横で





20240331_161325





当然のことながら



こちら側も
大きな穴が開いていました。





20240331_161502





この大きな穴は
この子が《もがいた》アカシです。



前に行ってみたり



後ろに
下がってみたりしたのだ



・・・と思います。



患部の状態から
突き刺さってから



相当な時間(何日間か)
経っていると思いました。





20240331_162850




耳先カットがあり
避妊手術の痕もあり



しかも
避妊手術の痕から



誰かから頼まれて



うちがTNRの手術をした子で
間違いないでしょう



これだけの美しい手術痕は
他院じゃありえんし



こんな再会もあるんじゃ
・・・と思いました。



名前は
りえちゃんにしました。





20240331_164603





りえちゃんのオペは
10分以内で終わりましたが



血圧は上がらないまま
夜を迎えました。



そして翌未明



私のチカラが及ばず



りえちゃんは
息を引き取りました。



。。。。。。。。。。。。。



せっかく
うちに来たのに



助けることもできず
私はひどく落ち込みましたが



落ち込んだところで
1円にもならん!



りえちゃんの死を
無駄にしないために・・・



今後二度と
同じ不幸が起きないために



原因を探るのが一番と思い



『発見現場に行こう』
・・・と思いました。



りえちゃんが
亡くなったことを



呉のセンターに報告するとき



りえちゃんが保護された
現場に行きたい旨を伝えたら



呉市の所長が



「ぼくたちも
原因が知りたいと思っていたので



代わりに職員と
現場を見に行って来ますよ」



・・・と



。。。。。。。。。。。。。



りえちゃんを発見した人は



複数の猫に餌を与えている
餌やり



餌を与えていた場所は
よくある田舎の空き家




そこで



3月31日に
餌やりをしていたら



空き家の裏から
猫の鳴き声がするので



裏に回ったら



りえちゃんが
竹に刺さったまま



動けない状態だったので



竹を切って
センターに連れて行った・・・



りえちゃんを受け取った
センターの所長も



このままでは
竹が長すぎる・・・と思い



切れるところで切った・・・



・・・だから
私が見たときは



お腹側からは
10cmぐらいしか出ていなかった・・・





20240331_163219~2




りえちゃんの
お腹に刺さっていた竹の根元側




20240331_163228




左側がお腹側(竹の上部)
左側が陰部側(竹の下部)



右側を
発見者が切り取ったもよう



呉の所長が切った部分を
足すと・・・





20240402_094217~2




竹の長さは約55㎝
※私は0から測らず
10cmのところから測ります。



。。。。。。。。。。。。。




田舎の家の裏に
こんな細い竹をよく見ます。



実際に



りえちゃんが発見された
餌場の空き家を見に行った



呉の所長が言うには



誰も住んでない空き家の
裏手には



草刈り機かなんかで



60㎝ぐらいに長さに
切られた竹が無数にあったそう



その竹の切り口は



斜めだったり
真横だったり



ランダムだったとのこと



そして
私の予想通り



その竹ヤブの上には



猫が飛び降りれる感じの
屋根が張り出していたので



そこから
飛び降りたのだろうと・・・






20240402_093748




竹の先
切り口付近にも



りえちゃんの毛が
付着していました。



飛び降りた先にあった
この竹が



細いくせに



猫の重さで曲がらぬほど
頑丈で



たまたま
切口が斜めだったため



飛び降りた勢いで刺さり



刺さったまま
体重で少しずつ地面まで下りた



おそらく



これが今回の事故の全貌
・・・だと思います。



。。。。。。。。。。。。。



もし・・・
あなたの住んでる町に



細い竹を
短く切っているところがあり



その竹が
やけに丈夫で



その竹の周りに
猫が飛び下りるかも知れない



屋根や
土地の段差があるなら



そこは要注意です。



厳しい暮らしをしている
野良猫たちが



りえちゃんのような
不幸な事故に遭わないことを



私は
心から願っています。







20240402_094705





りえちゃんのお腹を貫通した



この竹は
どうするかな・・・



助けられなかった教訓として
持ち続けるかな・・・



せっかく



うちにまで
たどり着いてくれたのに



私が力不足だったばかりに



りえちゃんには
本当に



申し訳ないことをしたと
思っています。



。。。。。。。。。。。。。



私はこれから
三宅島に向かって出発です。



明日4月3日は



《小山正明氏プレゼンツ》
三宅島TNR一斉なので



ザ・ノンフィクション

光陰矢の如し
時間ばかりが流れる昨今



私は明日3月30日は
目覚めたらすぐ



岡山猫多頭現場に向かいます。



私のことを忘れないために
YouTubeでも見ててください(笑)



これは



フジテレビの関東ローカル番組
ザ・ノンフィクションで



放送文化基金賞
優秀賞を受賞した作品です。
※私は受賞者ではありません(笑)



『ザ・ノンフィクション 犬と猫の向こう側』が「放送文化基金賞」優秀賞を受賞 | TV LIFE web



私は
思い立つまましゃべり



ただただ
好きなことをやってるだけですが



当時この番組の
反響が大きかったみたいで



この番組から
《多頭飼養崩壊》という名前が



世に
知れ渡ったようなものなんです。



私なんてこの放送より
10年以上も前の



バリバリ夜の蝶で
お美しかったころ



広島本部も建ててなくて
借家住まいだったにも関わらず



引っ越し置き去り案件や
多頭飼養崩壊案件をやってますけどね



結局のところ私は
福島も含め



《置き去り》とか
《多頭崩壊》とか



それ系が好きなんだと思います。



では
↓  ↓  ↓  ↓
私の声がデカいので
ご注意ください!
↓  ↓  ↓  ↓


https://youtu.be/QBq86JieUiw?si=EVjNF149tpiM8RFX








お知らせ
東日本大震災記録本
【鼓動】
絶賛発売中
『NPO法人 犬猫みなしご救援隊公式チャンネル』のチャンネル登録よろしくお願いします。
住所
コールセンター
080-3522-3745


広島本部

〒731-0234
広島県広島市安佐北区
可部町今井田690-1

FAX:082-815-2711

栃木拠点

〒325-0014
栃木県那須塩原市野間
308-1

FAX:0287-74-5038



中谷PCアドレス
nakatani@minashigo.jp
社会貢献支援財団


平成24年度
「東日本大震災における
貢献者表彰」で
NPO法人
犬猫みなしご救援隊が
受賞しました。
振込口座
支援金は

<銀行口座への
お振込をご希望の方>

■東京三菱UFJ銀行 
広島支店
普通預金 0348748
特定非営利活動法人 
犬猫みなしご救援隊 
理事長 中谷 百里

■広島銀行 安(やす)支店
 普通預金 3102619
NPO法人 
犬猫みなしご救援隊

■ジャパンネット銀行
 本店営業部(001)
普通預金 3989953
特定非営利活動法人 
犬猫みなしご救援隊

<郵便振替口座への
お振込をご希望の方>

■口座番号: 
01320-2-47269
■口座名義: 
特定非営利活動法人 
犬猫みなしご救援隊

まで
宜しくお願いいたします。

記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ